<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0139027_115542100.png

世界では8億人を突破し、日本で訪問者数1000万人を超え、アクティブユーザも500万人に達したと言われる世界最大のソーシャルネットワークfacebook。

音楽業界に限らず多くの企業がマーケティングのために参入し、facebookページを設けている。今回は日本のメジャーレコード会社のfacebookページを取り上げて考えてみたい。

<続きを読む>
[PR]
e0139027_1062384.png



音楽を世界に届ける方法は圧倒的に増えた。
それはソーシャルメディアによって圧倒的に広がった。

facebook、myspcae、soundcloud言い出したらきりがないほど音楽を
世界に届ける方法は溢れている。

そんな中でリンクトインを使って音楽ビジネスのボーダーを超えることもひとつの選択肢としてあってもいいのではないかと思う。

<続きを読む>
[PR]
e0139027_13371649.jpg



アーティストないしアルバムという単位でいま、人はどれだけ買うだろうか。
特に邦楽に関してのはなしだ。

私は基本洋楽中心なのだけど、今回は邦楽に特化して考えてみたい。

そもそもCDが売れないとか市場が縮小しているというのは間違いないのだけど、とはいえ世界レベルでみればまだ日本という国はCDが売れている国だ。

しかし、もはやそれに甘んじてはいられない。
日本でCD以外の方法で楽曲が売れているのはレコチョク、着うたがメジャーだが、その単位は主に「シングル」だ。

今後、特に邦楽のアーティストはコアファン、ミドルファン、ライトファン、潜在層の4階層をいかに意識して音楽を解体して、それぞれの層に音楽の種を蒔けるかが重要になってくると思う。

<続きを読む>
[PR]
e0139027_22154580.jpg

2011年9月3日。
台風12号のため、野外フェス:メタモルフォーゼは中止された。

今回はソーシャルメディアにおける
フェス中止までの流れと中止後の動きからみえる「守り」のソーシャルメディアに
ついて考えてみたい。

そもそも私が中止の動きがあることを知ったのはtwitterからだった。
しかし、オフィシャルからではない。どこで漏れたのかいろいろな人の
つぶやきから聞こえてきた。

人によって情報取得の流れは違うだろうが、私の流れはこうだった。
照明関係者のツイート→オフィシャルバスツアースタッフの声→出演者のツイート。
結局、オフィシャルが最後の発表となり午前11時くらいだっただろうか。
メタモルフォーゼ2011は中止が確定となった。

<続きを読む>
[PR]
e0139027_1085672.jpg


最近の自分の中の大きなテーマである『音楽を解放する』という
キーワード。今回はそれを掘り下げてみたい。

webを中心に無料の音楽サービスは加速度的に広がっている。
去年より今年。今日よりも明日。今より1秒後の未来。

■圧倒的なスピードで解放される音楽

その無料の音楽サービスはソーシャルメディアの力も相まって
今まで以上に僕らの日常に浸透し、使われ、広がっている。

個人やベンチャーが日々あらゆる「音楽を解放するサービス」を
リリースし、ユーザである僕らは面白いものがあれば使う。
最高だと思えばツイートする、シェアをする。

宇多田ヒカルのウタダヒカループは顕著な例だろう。
非公式ながら映像ラジオ感覚でウタダヒカループでは、YouTubeで公開されている宇多田ヒカル公式のミュージックビデオを、ちょっとだけライブ感覚で半永久的に楽しむことができる。

<続きを読む>
[PR]