<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0139027_22252861.jpg

7月18日に話題のニコファーレがオープンした。
このニコファーレの登場によって、オフラインとオンラインが
シームレスに融合し、新しい体験価値を産み出そうとしている。

ニコファーレやustreamなどによって
ユーザがライブ(イベント)というものにたいして
直接的関与と間接的関与の2種類の参加の仕方が生まれた。

<続きを読む>
[PR]
e0139027_10581169.jpg

ミュージックビデオとはそもそもその音楽を広めるためのコンテンツである。
アーティストの楽曲に合わせて制作し、その世界観を映像で表現する。
そんなミュージックビデオも様々なスタイルのものが生まれてきた。
今回はミュージックビデオについて考えてみたい。

最近のインタラクティブなミュージックビデオを見ていると
大きく分けて3つに分類できる。

・ソーシャルグラフを活用したもの
・ミュージックビデオ自体にユーザが触れるもの
・ユーザ自身とミュージックビデオをつなげるもの


<続きを読む>

[PR]
e0139027_11131089.jpg

いよいよあと2週間ほどでフジロックが始まる。
フジロッカーの皆様はウキウキワクワクして準備を始めている頃ではないだろうか。

一昨年あたりからフェス用のアプリが出てきて、フェス空間を楽しむ方法にも
変化が生まれてきている。今回はフェスアプリの可能性について考えてみたい。

いくつか調べてみて感じたことは、日本の多くのフェスアプリが『個人個人が単独で使用する』アプリになってしまっていることだ。いくつか見てみよう。

<続きを読む>
[PR]
e0139027_112563.jpg

アイスランドの歌姫bjorkの新しいプロジェクトが話題になっている。
今回、bjorkが行おうとしているのは、音楽を超えた体験価値の提供だ。
CDというフォーマットを超えて、様々なテクノロジーを駆使して
新しい音楽の方向性を示そうとしている。
それが『Biophilia』だ。

<続きを読む>
[PR]
e0139027_144933.jpg

フェスでソーシャルメディアを活用する場合は
「フェスに参加していない人々に向けての仕組みと仕掛け」が必要であり、
「フェスに参加している人々に向けての仕組みと仕掛け」が必要だ。

今回はそのフェス空間にまさしく参加している人々が
ソーシャルメディアをどう使えばより音楽の価値を高め、
フェス空間をかけがえのない特別なものにできるのかを考えてみたい。

<続きを読む>
[PR]
e0139027_1303643.jpg

先日、Glastonburyfestivalが幕を閉じた。
春のCoachellafestivalにも見られた新しい形のフェスサイトが生まれてきている。

■Coachellaに見るフェスサイト

素晴らしい取り組みだなと思った最初はCoachellaだ。

<続きを読む>
[PR]