<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0139027_130323.jpg

さて、前回、前々回と音楽産業について書いてきたわけだけど、
今日も変わらずその続きを書こうと思う。

前回のブログはこちらから。
音楽はもともと無料のものだったのだ

音楽は『所有』よりも『共有』で事足りてしまうのか

音楽が今一度、売れて僕らの生活により大きな価値を生む可能性、
それはコンサート(フェス)とソーシャルメディアと数ある音楽webサービスではないかと書いた。

なぜ、コンサート(フェス)の動員数が伸びているのか。
それは『商品』よりも『場』に対するお金の使い方へ変化していることを考えてみた。

この『場』に対するお金の使い方が変化していることを前提とした場合、
核となるのは、やはりコンサート(フェス)だ。

問題なのはCDショップ、アーティスト、レコード会社、プロモーター、プラットフォーム、
音楽サービス提供会社が
有機的に交わらず、各自バラバラで戦略を練り、単発で終わってしまっていることだ。

フェス前にはCDショップで『フジロック決定!』とか『サマソニ参戦!』などと謳い、
フェス特集のようなブースが出来上がるが、それだけだ。そこにレコード会社もアーティストも
積極的に連携しようとしているように見えない。

同時にプロモーター側も単発で終わっている印象だ。
フェスサイトに行けば、各アーティストの紹介とmyspaceへの導線はあったりするけど、
それだけだ。myspaceで視聴して、お!と思えばCDを買うかもしれないし、
フェスで見てみようと思うかもしれない。会場でもCDを販売しているが、
そこまで売れているとは思わない。

ひとつひとつの力は素晴らしいのに、絡み合っている気がしない。

改めてゴールを考えてみる。
CDの売り上げを伸ばすこと。

そのためにコンサート(フェス)を中心に、琴線に残る音を奏で、
生の音が人の心を震わせ、人とその場所でつながり、共感し、その人の人生の一部になったとき、
その音楽はお金を出してでも、そばに置きたいと思うようになる。

それが出来るのがコンサート(フェス)の最大の魅力だと思っている。

それを実際に行うためには、店舗、レコード会社、アーティスト、プロモーター、プラットフォーム、音楽サービス提供会社の一致団結した協力が不可欠になる。

ただし、それだけでは足りない。
その橋渡しを行うのはソーシャルメディアであり、各種音楽サービスなのだと思っている。

具体的にはコンサート(フェス)前とコンサート(フェス)最中とコンサート(フェス)後の
3段階に分かれる。そして、キーワードは『共鳴:レゾナンス』だ。

共感だけでは足りないし、共有だけでも足りない。
突破口を開くのは『共鳴:レゾナンス』のような気がしている。

次回はそのあたりを具体的に考えてみたいと思う。

・・・連載みたいになっちゃったな(苦笑)
[PR]
e0139027_19431683.jpg

この前書いたブログ『音楽はもともと無料のものだった』に紐づいて、
もう少しこの音楽の価値の変化について考えてみたいと思う。

そもそも、音楽産業が衰退し始めた理由はなんだったんだろう。
インターネットによるデジタル配信が原因か?
ファイル共有ソフトの台頭が原因か?

まず第一に衰退を語る前に、いつが日本の音楽産業の絶頂期だったのだろう?
おそらくそれは90年代が当てはまると思う。

ミリオンセラーが連発し、著名アーティストなら300万枚、400万枚は当たり前。
僕が音楽に目覚めたのもまさにこのときだった。

なぜ、あのときそこまで音楽産業は絶頂を迎えたのだろう。
振り返ってみれば経済状況がそこまで活気あったわけではない。

それはひとえに新しいテクノロジーとライフスタイルの変化にあったように思う。
中学生でも少しお金を貯めれば、CDコンポやCD,MDプレイヤーが手に入り、
誰でもがテレビのように1部屋に1台のように、変わっていった。
つまり、デバイスの進化と音楽鑑賞形態の変化。

そこに乗っかるように大量消費、大量生産された音楽が生まれ
マス的な発想で音楽が発信され、売れて、消費されていった、気がする。

そして、インターネットがより多くの人に使われるようになり、
音楽の好みも視聴形態も発信形態も細分化され、音楽業界はコピー防止コントロールCDなどを出し、
対応するも明らかに対処が遅れ、今に至っている。

つまり、流通経路の変化や消費志向の変化、
そして既存のマス的発想からの脱却を抜けられなかった、気がする。

その最たる例がHMV渋谷の閉店だったように思う。
アンビエント化された場所にどのように誰にいかに音楽の情報を伝え、共感、共鳴されるような
緻密な方法論を構築できなかったことが残念でならない。
もちろんがんばっているところもたくさんあると思うけど。

では、音楽はみんな聴いていないのか。そんなことはないはずだ。
ただ、今までのように世の中の流れのままに『買う』という行為に
価値を見いだせなくなってしまったんじゃないかなあと考えている。

なぜなら、僕らはいくらでもデバイスとプラットフォームの変化と進化により
どこででも音楽を無料で聴くことができるし、
そこでそこそこに満足している。『所有』よりも『共有』で事足りてしまう。

じゃあ、もうCDは売れないじゃないか。
僕はそうは思わない。

前回のブログ『音楽はもともと無料のものだった』でもあるとおり、
コンサートの動員数は増えているのだ。

つまり、『商品』よりも『場』に対するお金の使い方へ変化しているんじゃないかなあ。
そして、その場で、共感、共鳴、つながりに価値を置く。

もし、そうであるのであれば、僕はそこに希望を見出したい。

って、僕はレコード会社の人間でも店舗の人間でもなんでもありません。
ただの音楽が好きなやつです。
[PR]
e0139027_18314027.jpg

音楽産業の落ち込みが叫ばれて、ずいぶんと時間が経った。

CDの売上は2000年に若干上昇しながらも98年から減少の一途をたどり、配信は08年以降頭打ちとなり、
もはやCD、音楽を買うという行為はどこかここではない場所に飛んでいってしまった印象だ。

僕のように隙あらば、タワレコへ行き、視聴し、CDを買うなんて人間は
相当マイノリティなのだろう。

音楽産業が生き残る道はどこにあるのか。

そのような低迷する音楽産業の中でひとつだけ伸びているものがある。
コンサートツアー年間動員数だ。98年と09年を比較してみると約1.8倍も増えているそうだ。

詳しくはこちらのブログを
音楽業界の市場変化

しかし、国内外の単独ライブや国内アーティスト、国外アーティスト主体のフェス、
コンサートによって動員数の増減はあるので、注意は必要だ。

上記のデータからも人々は音楽を購入することは少なくなったかもしれないが、
音楽を不必要になったわけではないのだと思う。

音楽を楽しむ方法は今やwebサービスだけでも無数にある。

ストリーミング系でいえば、
ヨーロッパで急拡大中の音楽ストリーミングサービス『Spotify』や若干ビジネスモデルは違うが似たようなSONYが発表した音楽ストリーミングサービス『Music Unlimited powered by Qriocity』がある。

こちらの今後の展望、ビジネスモデルはまた違う機会に論じたいと思う。
こういうサービスもあるというだけだ。

また、これとは違って、合法的「Muxtape」で、ユーザーは8曲からなるプレイリストを作って友人と共有することができるサービス『8tracks』、音楽版instagram(視聴もちょっとだけできる)『soundtraking』

その他、ギリギリラインの『Grooveshark』やもはや定番のsoundcloud,myspaceそれはもうたくさん。
日本のサービスも合わせたら、キリがない。

そこで重要なのは、アーティスト自身が発表しているものと
ユーザが勝手に発表しているものとの違いだ。

でも、僕らユーザはそこに分け隔てなく、音楽を聴いている。
myspaceのアーティストのページで音楽を聴いたり、8tracksでDJがあげたものを
聴いて、カッコいいなと思ったりする。

つまり、発表者に関係なく僕らは無数に音楽を自由に無料で得られている現実がある。
そこにはソーシャルリコメンデーションも加わり、買わなくていいし、十分満足できる。
さらに海賊版などが加わってもはやCDや音楽配信で売り上げを作るのは難しいだろう。
特典をつけたって、さして大きな変化はないように思う。

しかし、振り返ってみれば音楽は昔から無料だったのだ。
街で、バーで、広場で、人は楽器を奏で、歌っていた。
それははるか昔から。音楽が儀式だったりしたくらい、僕らは無料の音楽と共に生きてきた。
それがいつからか産業として興り、今のような時代になった。

これから音楽産業は原点に戻ることがいちばん望ましいのではないか。
音楽を無料で聴かせ(もちろん今まで通り販売して構わない)、琴線に残る音を奏で、
生の音が人の心を震わせ、人とその場所でつながり、共感し、その人の人生の一部になったとき、
その音楽はお金を出してでも、そばに置きたいと思うようになる。
実際はそこまでいかずとも買うのだろうけど。

そういった中で、無料の音楽が有料の音楽に変わるとき、
そこに生で感じる、聴く。そして、人とつながり、共鳴し合い、連鎖していくことが
音楽産業の未来を占っていると思ったり。

ただ、生でやるということにおいてのアーティスト側の問題というのが出てくるのも事実。
逆に生で聴かせたことにより、失望させる可能性もはらんでいる。

いろいろ超えるべき課題は多いけど、音楽産業が今一度復活するためには何が必要か。
その答えがコンサート(フェス)とソーシャルメディアと各種音楽サービスの連携だと思っているのだけど、
それはまた次回。
[PR]
e0139027_0432041.jpg

今日、プロ野球が開幕した。
3月25日の開幕予定から遅れて2週間。

この日をどれだけ待ち望んだ人たちがいるだろう。
被災した方々、被災していない方、無論全員ではないだろうけど、
プロ野球を待っていたのだと思う。
もちろん、プロ野球以外にも多くのスポーツが待ち望まれていたはずだ。

僕はプロ野球が大好きだから、大切だから、必要だから、
なんだかとても嬉しくて、嬉しくて、今日を待ち望んでいた。

野球をする。
ある人から見たら、こんなときになにを!と思われるかもしれない。
ある人から見たら、こんなときだからこそ!と思ってもらえるかもしれない。

僕はどちらも真実だと思っている。どちらも間違っていないと思う。
それをいちばん悩み、苦しみ、考えているのは選手たちなのだ。

阪神の新井選手会会長を始めとした選手たちががなぜ、あれだけ開幕延期をこだわったのか。
ダルビッシュが野球人である前に人間、こんなときに野球をしていていいのだろうかと言ったのか。

特に東北楽天の選手、スタッフたちは被災者でもあるのだ。
自分の家族、家、友人。自分たちがその場にいなかったからこそ感じる辛さもあったと思う。

彼らはそれでも野球を続けた。悩みながら。考えながら。
そして、時間を見つけては募金活動や支援活動を行った。
他球団の選手たちと一丸になって、自分たちのできる支援を行ってきたと思う。

今月のスポーツグラフィック雑誌『Number』は田中将大、斉藤佑樹を始めとする
黄金世代特集だ。その雑誌の中で、東北楽天の震災直後から今に至るまでの
ドキュメントを掲載している。

僕は読んでいて、涙が出てきた。
同時に僕は野球ファンで本当によかったと思った。

プロ野球だから、できることがきっとある。
プロ野球選手だから、できることがきっとある。
それをこうやって今日、実現してくれたことに感謝。

特に東北楽天の選手や東北、関東北出身の選手スタッフたちには
最大限の敬意と感謝を。

彼らが野球を全力でプレーする。
だとしたら、僕らファンは全力で応援すること以外あるだろうか。
被災している方も、被災していない僕らも救われる人は必ずいる。

そうやって迎えた2011年の開幕。
東北楽天は岩隈で勝利を迎え、我が西武もダルビッシュを攻略し、勝利。
巨人も勝利し、個人的には最高の開幕となった。

どこかが勝てば、どこかが負ける。

それでも僕は野球だからできることって必ずあると思うから
今年もずっと応援し続けたいと思うのです。

みんなでテレビで、ラジオで、インターネットで、そして何より球場でつながる
プロ野球はきっと多くの人の力になると信じてる。

今年もたくさんの名勝負を見せてください。
それが笑顔になり、希望になると思います。
[PR]
e0139027_0105415.jpg

素晴らしい傑作漫画は数あれど、僕が結構前から熱烈なファンの漫画がある。
それがアニメ化もされているサッカー漫画【ジャイアント・キリング】である。

【ジャイアント・キリング】とは番狂わせ、大物食いを意味し、
弱小サッカークラブが主人公の監督のもと、成長躍進していく物語である。

サッカー漫画なので魅力的なキャラクター、手に汗握るゲーム展開、
個性際立つ敵クラブおよびプレイヤーは存在し、単純なサッカー漫画としても面白い。

しかし、この漫画のいちばんの面白いところは、主人公が監督であり、
組織論、マネジメント論を深く示唆する漫画なところだ。

クラブは経営者、スポンサー、監督、コーチスタッフ、選手、サポーター
様々な人が成り立って成立している。

どうすればクラブが強くなるか、
どうすれば勝てるのか。
どうすれば選手が活躍できるのか。

僕らのようなサラリーマンも容易にぶち当たる組織という壁。
それをサッカーというものを通して深く考えさせられる素晴らしい漫画である。

チームの中の自分の役割。
有機的にクラブが機能するためには何が必要か。
誰の為のサッカーで、誰の為にプレイしているのか。
選手がモチベーション高く最大限のパフォーマンスを発揮する為にはどうすればいいか。

監督という経営者やスポンサーともやりとりをしながら
現場をしきり、選手というプレイヤーの能力を最大限に引き出すマネジメント。
『一丸』とはどういうことかを巧みなストーリーの中で見事に織り交ぜる。

僕らのようなサラリーマンでも、上司のマネジメントや会社との軋轢
売り上げを上げる為には?自分のパフォーマンスを出し切るには?
ぶちあたったり、悩んだり、憤ったりすることがあるだろう。

この漫画を読んでいると、自分の会社や組織、マネジメントにも
大いに共感、参考になる部分が多い。

組織とは何か。
チームとは何か。
マネジメントとは何か。

【ジャイアント・キリング】はまさに組織論の漫画である。
素晴らしい漫画です。オススメです。
[PR]
by ground0803 | 2011-04-09 00:13 | 書籍
e0139027_14261593.jpg

先週土曜日。
個人的にはsonarsound tokyoを諦めたこともあって、モンモンとしているのも
アレだったので、ソフィア・コッポラの最新作を観に行ってきた。

【somewhere】

ヴェネツィア国際映画祭でも金獅子賞を受賞した作品。
それはセレブな映画俳優のお父さんとその娘の物語。

気にしすぎかもしれないけれど、ソフィア・コッポラと自身のお父さんのはなしを
リンクしてるのかなあと思うくらい、セレブのリアルな空虚さや虚無感を描かれている。

とはいえ、悲しい物語でも切ない物語でも何でもない。
見た後に、心がほっこり温かくなる映画だった。

とにかく淡々とストーリーが進むんだけど、『間』が『2拍』ズレてる。
あのシーンとかあのシーンも、『間』が『2拍』ほどズレてる。

それがリズムをいい意味で壊していて、観客をこの世界に引きこんでいくように感じる。
たぶん、それは主人公の映画俳優のお父さんの心象を表現してるのかなあなんて勝手に思ったり。
娘はないんです、『間』のズレが。
そこが面白かった。

見ていて、これは子どもなお父さんと大人な娘のラブストーリーなんだなあと。
互いに「役割」を必死に演じていても、そこにはやっぱり無理や強がりがあって、
その部分もお互いわかっているんだけど、どう変えていいかわからない。
でも、ふたりとも相手が大好きで、大切で、愛おしい。

お父さんは娘の前ではもちろん父であり、しかし時には息子みたいになって
同時に娘はもちろん娘であるんだけど、時にはまるで母や嫁、もしくは姉のような態度、空気を醸し出す。

その絶妙なバランスの上にある親子のラブストーリーがとても素敵で、かわいらしかった。

音楽もphoenixが手掛け、ソフィア・コッポラにはつきものの
素晴らしいミュージシャンたちの音楽が流れ、ポップセンス抜群だなあと改めて感激。

映像も音楽もセンスよく、物語も素敵な『somewhere』は公開したばかりなので是非。

しかし、主演のスティーブン・ドーフが個人的にはユアン・マクレガーとジャックバウアーで有名なキーファー・サザーランドを足して2で割ったような顔でそれが気になって、気になって(笑)

また、娘役のエル・ファニングは本当にかわいくて、キラキラしてた。
演技力も素晴らしく、エル・ファニングの存在がこの映画を大きく引っ張ったとすら感じる。

オススメな映画です。


[PR]
e0139027_0362273.jpg

今日で社会人5年目を迎えた。
早かった。そして、素晴らしき4年間だった。

インターネット広告代理店の新卒で入社してから
もはや4年も経ってしまった。

そのあいだに僕は新しい会社に移り、
数多い同期たちも結婚したり、出産したり、出世したり、転職したり。

いろいろなことがあった4年間だった。
多くの人に多大なる迷惑をかけ、計り知れないほどお世話になり
一言で言って、素晴らしい4年間だったといえるだろう。

そういう風に思えるのもすべてまわりの人たちのおかげです。
本当に感謝しています。ありがとうございます。

4年前の今日、僕は入社式を迎え、オリエンテーションを受け、
地元の花見へ向かったのを覚えている。

そのときに親友のレコーディングエンジニア(現在、尿管結石中)に
『明日も早いから』と立ち去ろうとした際に、無理矢理拉致されオールを余儀なくされた。

案の定、僕は入社2日目にも関わらず寝坊をかまし、
猛烈な勢いで自転車を駅に向かって漕いだ。

あれほど必死の漕いだことは今までの人生を振り返ってもそうないだろう。

そして、僕はそれはそれは美しいくらい見事に車に轢かれ、自転車は大破した。
僕は漫画みたいに宙を舞い、飛んで、飛ばされた。

ドライバーが顔面蒼白で救急車と警察を呼ぼうと言ってくれたけど、
そのときに僕にとって大事なのは、救急車でも警察でもなく
入社したばかりの会社に遅れないことだった。

大丈夫です。ケガもありません。

僕はそういい残して、前輪が大破した自転車を漕いで駅に向かったのだ。
そして、間に合った。

肉体とは不思議なもので、極度の緊張状態が解けると
体中が痛みを増してくる。

膝、腕、腰どこもかしこも痛い。
そんな幕開けの社会人生活を僕は始めた。

車に轢かれる社会人生活の始まりから4年。
そうやって僕は5年目を迎える。
[PR]