夢をかなえるゾウ

本のレビュー。

僕が好きな作家に水野敬也という男がいる。
この男はバカを大まじめにやるのである。いつも。

彼の著書や企画、映像などどれをとってもバカバカしい。
でも、好き。中でも好きなのはミズノンノという企画。
お暇な方は見てほしい。リボーンである。

ミズノンノ

そんな著者の本がこれ。


e0139027_21361426.jpg


夢をかなえるゾウ

これは一種の自己啓発本、自己改革小説なんだけども、今までのありふれた自己啓発書の類いとはちょっと違って、面白い。ガネーシャというインドの像の神様(なぜか関西弁でニート)が出す課題を何をやっても三日坊主のサラリーマンに指南していくというもの。

彼のやりとりが面白くて、すらすらとページがめくれる。
ただ、時折グサッと来るような一言をかましてくる。

当たり前のことをやること。
それを続けることの大切さ。

言っていることは他の本と変わらない。
ただ見方を少し変えただけで、こうも心に残るものかと。

ポップな小説としても読める代物。

あーガネーシャ、来ないかなあ、俺のところにも。
[PR]
by ground0803 | 2008-04-13 21:44 | 書籍