明日、君がいない

去年の春、映画館で見て久々に衝撃を受けた作品。

それが、撮影時若干19歳で作り上げたオーストラリア人のムラーリ・K・タルリの作品。

e0139027_1247442.jpg
e0139027_1247231.jpg



明日、君がいない

ガス・ヴァン・サントをファイバリットにあげるほど、彼の作品との共通項は多い。

ただ、一点だけ違う点は【絶望の深度】にある。

映画は午後2:37に校内で誰かが自殺するのがわかる。
話はそこから逆回転し、朝に戻る。
メインの登場人物たちはみんな大きな問題を抱えており、いかにも自殺しそうな人間ばかり。

カメラは同じシーンを登場人物の視点を切り替えることにより、観客を飽きさせることなく、シーンをつなげていく。

また、最後に死ぬ人物の正体及び理由が判明したときに、
その【絶望の深度】は頂点を迎える。

ああ、こういうことなのかと。

見ていて、胸がかき乱される。
たぶん、こういうことなんだ。

社会のおける【闇】ってこういうところに隠されている。

友人の女友達が自殺し、本人も自殺を考えたという監督。
おそらくその絶対的な経験をこの映画に注ぎ込んだからこそ、
ここまで胸に響くものがあるのだろう。

その素晴らしい映画のDVDを最近、購入して改めて鑑賞。

やっぱりすごい。

ラストに流れる音楽がより悲しさ、せつなさを加速させる。

歌はこう歌っている。

【わたしをわすれないで】

名作です。

明日、君がいない公式HP

[PR]
by ground0803 | 2008-02-22 12:59 | 映画、映像